皆様おはようございます。プレミアバンクの岸本です。 【7月23日(木) マーケットニュース】 世界の政府系ファンド(SWF)が、欧米の主要都市の不動産投資からアジアの不動産やインフラ投資など、長期の資金が向かいつつあります。欧米の不動産価格が高騰し、世界的な低金利環境の長期化を見据えて、欧米を中心とした運用から投資先を分散し始めています。 政府系ファンド(Sovereign Wealth Funds)とは、各国の政府が...