こんにちは!株式会社プレミアバンクの唐仁原です。 【7月11日(月) マーケットニュース】 英国のEU離脱決定を受け、ポンド相場の下落に拍車が掛かっています。 英国民の選択に対して市場の動きはポンド売りという反応、底値は全く見えない状況です。 昨年6月には1ポンド=195円付近だったポンドの対円相場は、先月23日の英国民投票が近づくにつれて下げ、離脱決定後には133円台に急落。売りは止まらず、今月6日には約3年7...