おはようございます。株式会社プレミアバンクの高橋です。 将来の年金支給水準を維持するため支給額の抑制を強化することなどを組み込んだ年金制度改革法案が14日の参院本会議で与党と日本維新の会の賛成多数で可決、成立した。 年金制度改革法は、現在の高齢者への給付額を減額し、現在の若者世代が将来受け取る水準が下がらないようにするための内容。平成33年度以降は、物価が上昇しても現役世代の賃金が下がれば、支給額を引き下げるよう改める。 ...