吉野

ソフトバンクの時価総額上昇へ‐国内通信上場の勧め‐

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【5月10日(火) マーケットニュース】 ソフトバンクグループの孫正義社長が米子会社の業績改善を誓い、自社株買いも行っているにもかかわらず、同社の時価総額は保有する株式価値を下回る状況が続いている。アナリストからは、安定した収益が期待できる国内通信事業の上場を勧める声も出ている。 ソフトバンクのホームページによると、保有する上場株式の時価総額の合計は9日時点で9兆...

円、続落し107円台前半 対ユーロも続落

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【5月9日(月) マーケットニュース】 9日早朝の東京外国為替市場で円相場は続落して始まった。8時30分時点では1ドル=107円31~34銭と、前週末17時時点に比べ37銭の円安・ドル高水準で推移している。 6日にニューヨーク連銀のダドリー総裁が今年2回の利上げ見通しについて「妥当な予想」との認識を示したと伝わり、米利上げによる日米金利差の拡大を意識した円売り・ド...

米追加利上げ見送り 景気判断「減速」に引き下げ

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【4月28日(木) マーケットニュース】 米連邦準備理事会(FRB)は27日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策の現状維持を決め、追加利上げを見送った。会合後の声明では「米経済は減速した」と景気判断を引き下げ、個人消費の鈍化などに懸念を示した。海外経済や金融市場のリスクは後退したとの見方をにじませ、先行きの利上げ再開に余地を残した。 FRBは昨年12月に9...

北朝鮮制裁、安保理が決議採択

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【3月3日(木) マーケットニュース】 国連安全保障理事会が北朝鮮への制裁を大幅に強化する決議を採択したことで、国際社会はひとまず結束を示した格好となる。北朝鮮と経済関係の深い中国がどのくらい制裁を履行するかが実効性を左右しそうだ。 これまでも制裁の履行が徹底されず、北朝鮮の経済に大きな打撃を与えられなかったのが原因のひとつだった。制裁の実効性を高めるうえでカギを...

日経平均続伸、上げ幅拡大し一時550円高

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【3月2日(水) マーケットニュース】 2日早朝の東京外国為替市場で円相場は大幅に反落している。8時30分時点は1ドル=114円05~08銭と、前日17時時点に比べ1円10銭の円安・ドル高だった。 1日に米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した2月の製造業景況感指数が市場予想を上回り、米景気の先行き不透明感の後退で同日のダウ工業株30種平均が上昇した。投資家...

2月29日の海外株式、債券、為替、商品市場

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【3月1日(火) マーケットニュース】 NY外為:ユーロ、対円で3年ぶり安値-域内CPIが低下し、29日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。対円でほぼ3年ぶりの安値を付けた。ユーロ圏の2月の消費者物価指数(CPI)が低下し、欧州中央銀行(ECB)が3月10日の定例政策委員会で緩和策を拡大するとの観測が強まった。 ユーロは対ドルでは1カ月ぶり安値に下げた。ユ...

日本を「イノベーション大国」に、国産旅客機や自動運転で口火切る

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【1月6日(水) マーケットニュース】 安倍晋三首相は世界3位の経済大国である日本の再活性化を図っているが、この一環で2020年の東京五輪開催を前にイノベーション(技術革新)を加速させようとしている。 自動運転車の路上導入やロボット技術をベースとする最新のテクノロジー利用に向けた公的・民間セクターの共同プロジェクトを国が支援。首相は、官民合わせた研究開発投資の国内...

ロンドン外為4日 円は対ドルで大幅続伸

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【1月5日(火) マーケットニュース】 [NQNロンドン]4日のロンドン外国為替市場で円相場は大幅続伸。前営業日の2015年12月31日終値に比べ1円10銭円高・ドル安の1ドル=119円20~30銭で引けた。 中国株の急落をきっかけに世界的に株価が下落し、「低リスク通貨」とされる円が主要通貨に対して買われた。投資家のリスク回避姿勢が強まったことで、円は一時118円...

東証寄り付き、反落し180円安 米株安が重荷 中東情勢の悪化で買い手控え

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【1月4日(月) マーケットニュース】 4日、前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落し、前営業日比180円程度安い、1万8,800円台半ばで推移している。昨年末の米国株が続落し、年間では7年ぶりのマイナスで終えたのが嫌気されている。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落して始まった。 日経平均は昨年末にかけて3日続伸し、この間に約2...