Monthly Archive:: 2月 2018

日本株、米金利がリスク、FRBの動向焦点―マネーの逃避継続、下落続く。

【2月7日(水) 今日のマーケットニュース】 「(1987年の)ブラックマンデー級の事態が起きているのかもしれない」と東海東京調査センターの平川昇二チーフグローバルストラテジストは指摘する。 ブラックマンデーは米国株が2割以上下げ世界に株安が連鎖した。確かに当時と状況は重なる。世界的に景気は拡大基調で一部の国ではインフレ懸念が高まり金利が上昇に向かう。FRBの議長がボルカー氏からグリーンスパン氏に代わった直後に起きており、今...

日本株先行き、見方分かれる、「下げは一時的」「2万2000円割れも」

【2月6日(火) 今日のマーケットニュース】 日経平均株価が5日、大幅に下落した。2万3000円を下回るのは2017年12月29日の大納会以来になる。米国の長期金利の上昇を契機に世界的に株安が進む。 日本株の先行きについて市場関係者に聞いたところ、世界景気の拡大を背景に調整は一時的になるとの見方が多い。ただ、18年度の企業業績が見えるまで一段高は見込みにくいとの声もあり、見方が分かれている。 「これまで金利が上がらなか...

ビットコインなど仮想通貨に関する議論

【2月5日(月) 今日のマーケットニュース】 スイスで開催中の世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で25日、ビットコインなど仮想通貨に関する議論が交わされた。エール大学のロバート・シラー教授はビットコインについて「興味深い実験ではあるが、生活で永続的に使われるものとは思えない。我々はビットコインを強調しすぎている」と述べ、投資家が値上がりに期待する現状に警鐘を鳴らした。 シラー氏はノーベル経済学賞の受賞者で「根拠なき熱...