Monthly Archive:: 1月 2018

支払い査定にAI活用へ

【1月23日(火) 今日のマーケットニュース】 明治安田生命保険の根岸秋男社長が読売新聞のインタビューに応じ、保険金や給付金の支払い査定に人工知能(AI)を活用することを明らかにした。 業務の効率化を進めて査定業務の時間も短縮し、社員が新商品やサービスの発案などに充てられる時間を増やす。 根岸社長は「仕事量に余力を持たせることで社員が創造的な仕事が出来るようにしていく。働き方改革と合わせて進めていきたい」と語った。 ...

「貯蓄が少ないと投資できない」子供の誤解を解く

【1月22日(月) 今日のマーケットニュース】 ●とある親父の悩み 投資に少し興味を持った息子が「貯蓄から投資へ」という言葉の意味を聞いてきた。彼は「あまり貯蓄がない俺は投資できないな」と言う。彼が言う通り「投資は貯蓄が多い資産家がやるもの」なのだろうか? 「貯蓄から投資へ」という政府の標語が、長く使われてきました。日本と米国の個人金融資産を比較すると、日本の現預金の比率は50%を超えていて、米国は15%。逆に有価証券の比率は...

個人投資家の6割超、運用成績プラスに。17年の株高で 企業業績が堅調、利益確定急ぎすぎた人も

【1月19日(金) 今日のマーケットニュース】 北朝鮮情勢などの地政学リスクが意識されつつも、堅調な企業業績を背景に日経平均株価がバブル崩壊後の最高値を更新するなど株式市場が活況を呈した2017年。個人投資家の6割超が運用成績でプラスだったようだ。 「17年は世界の市場環境が良くできすぎだった。この運用成績を基準にしないよう自分を戒めたい」。日本株の投資歴が20年になる大阪府の会社員Kさん(46)。今年は日本たばこ産業(JT...

退職世代もつみたてNISA 投資未経験でも不安少なく

【1月18日(木) 今日のマーケットニュース】 今年(2018年)から従来の少額投資非課税制度(NISA)に加えて、新たに「つみたてNISA」が登場しました。同じNISAという名前であっても、この両者はかなり違う仕組みになっています。 つみたてNISAは積み立て型のNISAで、運用益や分配金に対する非課税の投資額の上限は年間40万円と、従来のNISAに比べると3分の1です。一方、非課税の期間は最長20年と、こちらはNISAの...

熱が38度以下でも注意「隠れインフルエンザ」かも

【1月17日(水) 今日のマーケットニュース】 2017年はインフルエンザの流行が例年より早く、小学校などではすでに学級閉鎖が相次いでいる。自身や家族がかかってしまったという人もいるだろう。 インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症。ウイルスにはA型、B型、C型の3種類があり、このうち感染力が強いのがA型とB型。特にA型は大流行しやすく、2009年に大流行した、いわゆる「新型インフルエンザ」もA型だ。 ウイ...

正体不明の岡三マンー14万人超のフォロワー

【1月16日(火) 今日のマーケットニュース】 「岡三マン」。株取引のための情報ツールとしてソーシャルメディアが浸透するなか、独特の存在感を放つ発信者であり、相場に影響しそうなニュースをいち早くツイッターにつぶやく彼のフォロワーは2018年1月時点で14万人超。約2年前と比べて3倍強になっている。 岡三マンは、企業やテロ、災害まで、株価に影響を与えるニュースをつぶやく。 たとえば昨年12月20日、午前0時44分のビットコイ...

エジプトービットコイン禁止に

【1月15日(月) 今日のマーケットニュース】 エジプトのイスラム教最高指導者シャウキー・アラム師は今月に入り、仮想通貨の代表格としてインターネット上でやり取りされる「ビットコイン」について、「投機性が高く、イスラム教で禁じる賭博に似ている」として取引を禁じるファトワ(宗教令)を出したと政府系紙アルアハラムなどが伝えました。 中央銀行などの管理者が存在せず、外国送金も安い手数料で瞬時にできるメリットがある一方で、アラム師の側...

世界成長今年3.1% 世銀が見通し上方修正

【1月12日(金) 今日のマーケットニュース】 世界銀行は9日、世界経済見通し(GEP)を改定し、2018年の世界の実質成長率予測を3・1%に上方修正した。 昨年6月時点では2・9%を見込んでいたが、世界的に投資や生産が上向いた。日本も成長率の見通しを1・3%に上方修正したが、先行きは伸びの鈍化を予測している。 17年の世界全体の推定成長率は3・0%で、11年(3・2%)以来、6年ぶりの高い伸び率となった。貿易量が前年...

早大、リスク資産に投資、1億ドル、運用収益拡大狙う

【1月11日(木) 今日のマーケットニュース】 早稲田大学は、海外の未公開株などリスク性の高い金融商品での資産運用を拡大する。2018年から4~5年で計1億ドル(約113億円)を投資する。 授業料や補助金が減少傾向で大学経営は厳しさを増している。リスクを取って運用益を狙う運用に踏み出し、新たな収入源の確保を図る。 早大の資産規模は私立大学有数で、追随する動きが広がる可能性もある。 海外の複数の運用会社に運用を委託...

消費者心理、4カ月ぶりに悪化。12月、野菜やガソリン高騰で

【1月10日(水) 今日のマーケットニュース】 内閣府が9日発表した2017年12月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整済み)は前月比0.2ポイント低下の44.7となり、4カ月ぶりに前月を下回った。レタスなどの葉物野菜やガソリン価格上昇が影響した。 内閣府は基調判断を据え置き、3カ月連続で「持ち直している」と判断した。 調査は向こう半年間の消費者の購買意欲や収入に関する4項目の...