【12月13日(水) 今日のマーケットニュース】 横浜市の主婦(75)は約2年前、背骨を折り、骨が弱る「骨粗しょう症」と診断された。 その後も骨折が続き、腰の痛みで歩くのも困難になった。毎週の通院で骨を強くする薬を使い、楽に歩けるようになった。 昨年発売された年1回の点滴で済む新薬に替えると、通院の負担も減った。 手足の骨の端や背骨は、内部がスポンジのような網目状構造で周りを硬い骨が覆う。 骨を造る細胞と壊...