【9月4日(月) 今日のマーケットニュース】 9月2日の日本経済新聞朝刊によりますと、長期金利が約10カ月ぶりにマイナスに沈んみました。国債の指標となる新発10年物国債利回りは1日午後に一時、前日比0.015%低い(国債の価格は上昇)マイナス0.005%となりました。10年物の金利がマイナス圏に沈むのは2016年11月16日以来とのことです。 米国の政治は相変わらずゴタゴタしていて先行き不透明感があり、北朝鮮情勢の警戒感など...