【8月25日(金)マーケットニュース】 アップルの「アップルペイ」、インド政府の生態認証システムを活用した「アーダールペイ」、中国電子商取引のアリババの「アリペイ」など、アジアを中心に電子決済システムの導入・普及が加速している。 その背景には、仮想通貨の普及や、固定電話やパソコンなどのインフラ整備が遅れたことによる携帯やスマホの普及が爆発的な浸透の要因としてあげられる。 通常はクレジットカードが使えない屋台や三輪タクシ...