【8月24日(木)マーケットニュース】 キリンビールや味の素など大手食品会社が製造現場に人工知能(AI)を導入する。これまで熟練職人の技術に頼ることが大きかった醸造や発酵などの繊細な工程を、AIで代替えする。 AIを導入することにより、新商品の開発機関の短縮や、次世代の人材を効率よく育成することが狙い。ビールなどの醸造技術の習得には10年掛かると言われており、AIで過去20年分のデータを蓄積し、最適な醸造方法を予測する。 ...