晩婚・晩産が進み、一般にライフイベントにかける金額は増えています。 結婚で無理をすると、出産や育児、入学や進学、住宅購入などに響きます。 以前は結婚から第1子の出産まで間隔があって、お金のためどきだったのですが、今はイベントが集中し、ためる期間がほとんどない人もいます。 自分たちで賄える範囲で式を挙げ、披露宴などでもらったご祝儀(2016年の平均は232万円)はその後の新生活の資金に充てるのが理想です。 結婚資金...