東芝とアルパインは、再生可能エネルギー発電事業の東北自然エネルギー(仙台市)と共同で、水力発電所のダム・河川のインフラ点検サービスでの実用化に向けたドローンの目視外長距離飛行の実証実験をこのほど実施した。 水力発電所では、発電設備の安全を確認するために、定期的に巡視点検が行われているが、豪雪地域では、雪崩による危険を伴うことから、ドローンを活用した安全な点検サービスが求められているという。 将来的には、目視外での飛行距離を拡...