おはようございます。株式会社プレミアバンクの柿本です。 15日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に3日続落し、前日比1円15銭円安・ドル高の1ドル=118円15~25銭で取引を終えた。2017年の米利上げペースが加速するとの見方を手がかりとした円安・ドル高が進んだ。円は早朝に118円66銭と2月3日以来、およそ10カ月ぶりの安値を付け、ニューヨーク市場の時間帯も弱含んだ。 米連邦準備理事会(FRB)が14日まで開い...