おはようございます。株式会社プレミアバンクの高橋です。 【12月14日(水) マーケットニュース】 財務省は2017年度予算案で、国債の想定金利を過去最低の1.1%とする方向で調整に入った。日銀が長期金利をゼロ%に誘導する新たな政策を導入したことを踏まえ、2016年度の1.6%から0.5%引き下げ、過去最低の水準にとどめる方針だ。 長期金利の想定を引き下げるのは2年連続で、予算の4分の1を占める国債費の抑制要因となりそ...