おはようございます。株式会社プレミアバンクの森本です。 【8月25日(木) マーケットニュース】 厚生労働省と内閣府は2017年度の税制改正にて、公的支援のある認可保育所に比べ、自己負担が重いベビーシッターのほか、認可外保育所などにかかる費用の一定割合を税額から差し引く仕組みを検討します。 育児と仕事を両立させている世帯の税負担を軽くする制度の導入により、女性の活躍を推進する政府の成長戦略を税制面から後押しする狙いです...