おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉野です。 【5月10日(火) マーケットニュース】 ソフトバンクグループの孫正義社長が米子会社の業績改善を誓い、自社株買いも行っているにもかかわらず、同社の時価総額は保有する株式価値を下回る状況が続いている。アナリストからは、安定した収益が期待できる国内通信事業の上場を勧める声も出ている。 ソフトバンクのホームページによると、保有する上場株式の時価総額の合計は9日時点で9兆...