皆様、こんにちは。株式会社プレミアバンクの星野です。 【3月25日(金) マーケットニュース】 フィリピン中央銀行は先日23日の金融政策決定会合で政策金利を現状の4%のまま据え置くことを発表しました。据え置きは12回連続となります。 金融市場や世界経済に不安が続く中、旺盛な個人消費に支えられて国内経済が引き続き堅調で、インフレ率も低位で安定しているためです。フィリピンにおける経済状況は国内の消費市場に支えられる形で成長...