おはようございます。株式会社プレミアバンクの不破です。 【2月15日(月) マーケットニュース】 個人消費が大幅に落ち込んだことなどが理由で、昨年10月から12月までのGDP(国内総生産)の伸び率は、前の3か月と比べて物価の変動を除いた実質で-0.4%、年率に換算して-1.4%と2015年7~9月期(年率換算で1.3%増)から下振れし、2期ぶりにマイナスとなりました。 主な項目では、GDPの過半を占める「個人消費」は、...