Monthly Archive:: 2月 2016

マイナス金利政策で凍りつく市場、1カ月先の見極めきれず

おはようございます。株式会社プレミアバンクの前島です。 【2月29日(月) マーケットニュース】 日本銀行がマイナス金利政策を発表してから1カ月が経過したが、イールドカーブの起点となる無担保コール翌日物は、黒田東彦総裁らの描いていたほどの金利水準には至っておらず、市場規模も大幅に縮小している。 日銀当座預金の一部に対するマイナス0.1%の金利の適用が始まった16日。無担保コール翌日物金利は前日までの0.07%付近から一...

中国、景気支援で金融政策面での余地がある

おはようございます。株式会社プレミアバンクの前島です。 【2月26日(金) マーケットニュース】 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は26日、中国当局には金融政策面で行動する余地が残されていると述べた。同日から2日間の日程で開催される20カ国・地域(G20)財務相・中銀総裁会議を前に、同国経済への国際的な信頼感の向上を図った形だ。 上海でのG20開幕に先立つ会議で講演した周総裁は、中国経済は引き続き力強く、その構造と...

英首相  EU離脱は市場への悪影響

おはようございます。株式会社プレミアバンクの前島です。 【2月25日(木) マーケットニュース】 イギリスのキャメロン首相は、EU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票について演説し、EUからの離脱は、イギリス経済に加えて国際情勢にも悪影響を与えるおそれがあるとして、EUへの残留を改めて呼びかけました。 この中で、キャメロン首相は「EUから離脱すれば、経済は非常に不安定になり、ビジネスへの不透明感も強まる」と述...

市場に悪影響あれば、躊躇なく対応=日銀

おはようございます。株式会社プレミアバンクの酒井です。 【2月24日(水) マーケットニュース】 黒田東彦日銀総裁は、24日午前の衆院財務金融委員会で、マイナス金利政策の導入以降も金融市場の変動が続いているとし、市場変動によって日本の経済・物価に悪影響があれば、躊躇なく政策対応を検討すると語りました。 総裁は1月29日のマイナス金利導入以降も国際金融市場の変動が続く中で「投資家のリスク回避姿勢が過度に広がっている」とし...

アヤラランド19%増益、6年連続の最高益更新

おはようございます。株式会社プレミアバンクの酒井です。 【2月23日(火) マーケットニュース】 フィリピン最大の不動産企業であるアヤラランド(ALI)が、2月19日に、2015年(1月~12月)の決算速報を発表しました。それによると、2015年の収入は前年同期比13%増の1,072億ペソ、純利益は同19%増の176億ペソと二桁増収増益決算となりました。そして、6年連続での史上最高益更新となりました。 良好なフィリピン...

マイナス金利の影響 郵政3社株価低迷

おはようございます。株式会社プレミアバンクの酒井です。 【2月22日(月) マーケットニュース】 日本郵政グループ3社の株価が低迷しています。年明け以降の下落率はいずれも日経平均株価の下落率より大きいです。日銀のマイナス金利政策導入で長期金利が下がり、国債の運用で稼ぐことが難しくなるとの懸念が投資家に広がっているためです。株価低迷が続けば、政府が計画する日本郵政株の追加売却が遅れる可能性もあります。 低迷の最大の理由は...

フィリピン経済好調で労働者国内回帰

おはようございます。株式会社プレミアバンクの末廣です。 【2月19日(金) マーケットニュース】 海外で働くフィリピン人の同国への外貨送金額が14年ぶりの低水準に落ち込む見通しです。フィリピン中央銀行によると、ここ数年の年6%程度の成長に比べ、15年1~11月の同国への外貨送金額(銀行経由)は前年同期比3.6%増の228億ドル(約2兆6千億円)でした。 フィリピン海外雇用庁によると、14年の出稼ぎの為の出国は183万2...

カシコン銀行、カンボジア支店を開設へ

おはようございます。株式会社プレミアバンクの末廣です。 【2月18日(木) マーケットニュース】 タイの資産額4位のカシコン銀行は、8月までにカンボジアの首都プノンペンに同行として初の支店を開設します。9月までにはラオスの首都ビエンチャンにも第2支店を開く予定です。カシコン銀行のピピット・アネークニティ国際事業担当上級副社長によると今後ベトナム、インドネシアでも支店開設を狙うとのことです。 カンボジアには現在、駐在員事...

アジア炭酸飲料への課税準備

おはようございます。株式会社プレミアバンクの末廣です。 【2月17日(水) マーケットニュース】 炭酸飲料を大量消費するアジアの一部の国が、炭酸飲料への課税を準備しています。医師や政策決定者が、肥満と糖尿病による健康被害と国庫財源へ負担の増大を懸念しているためです。 インドネシア、インド、フィリピンの各政府は何らかの課税導入を検討しており、調査会社ユーロモニターによると、この3カ国を合わせた清涼飲料水の市場は180億ド...

フィリピン中央銀行、銀行免許交付の規制解除へ

おはようございます。株式会社プレミアバンクの不破です。 【2月16日(火) マーケットニュース】 フィリピン中央銀行は金融サービス開放の取り組みの一環として、17年間新規交付を停止していた銀行免許に関する規制を段階的に解除していくと発表ました。2018年までには免許交付に関する規制が全て撤廃されます。 フィリピンのアキノ大統領は、2014年7月に外資系銀行の参入を認める法律に署名しており、15年に三井住友銀行、韓国の中...