おはようございます。株式会社プレミアバンクの森本です。 【1月7日(木) マーケットニュース】 財務省は今春から、介護保険料を支払った年金受給者の所得税の負担を減らす仕組みを拡充する制度改正を本格的に検討します。介護保険料は年金を受け取る65歳以上の方も支払う仕組みで、支払った分は課税所得の対象外となるため、本来なら所得税の負担が減ります。 しかし現在、この対象から外れているのが、年金収入が年120万円以下の年金で生活...