皆さんおはようございます。プレミアバンクの真山です。 【7月2日(木)マーケットニュース】 日本企業の社債発行が増えている。6月は国内で前月比3倍の約1兆1555億円の起債があった。長期金利の上昇傾向を受け、企業が長めの資金の調達を急いだようだ。 金利水準が上がり、投資家も購入しやすくなった。 本格的な長期金利上昇は予測しにくいが、将来の米利上げもにらみ、金利が不安定になる前に資金を調達する動きが今後も続きそうだ...