齋藤

ノルウェー政府系ファンド、流動性低い債券削減、日本国債も

【9月21日(木) 今日のマーケットニュース】 世界最大の政府系ファンド(SWF)であるノルウェー政府年金基金は債券投資を縮小したうえで、運用通貨を絞り込む方針を打ち出した。日本国債をはじめ流動性の低い債券は投資対象から外れる可能性が高い。SWFは巨額の資金を運用しており、こうした動きが広がれば、世界の金融市場に大きな影響がある。 8兆クローネ(112兆円)のSWF資産を運用する同基金は今月初旬、運用方針の大幅な見直しを財務...

長期金利、マイナス圏に

【9月4日(月) 今日のマーケットニュース】 9月2日の日本経済新聞朝刊によりますと、長期金利が約10カ月ぶりにマイナスに沈んみました。国債の指標となる新発10年物国債利回りは1日午後に一時、前日比0.015%低い(国債の価格は上昇)マイナス0.005%となりました。10年物の金利がマイナス圏に沈むのは2016年11月16日以来とのことです。 米国の政治は相変わらずゴタゴタしていて先行き不透明感があり、北朝鮮情勢の警戒感など...

金融機関に再編の波

【9月1日(金) 今日のマーケットニュース】 全国の信用金庫も再編時代に入ってきた。静岡県内預金量トップの浜松信用金庫(浜松市)は同4位の磐田信用金庫(磐田市)と、3位のしずおか信用金庫(静岡市)が6位の焼津信用金庫(焼津市)とそれぞれ合併することで合意した。日銀のマイナス金利政策で収益環境が悪化しており、再編の波は信用金庫や信用組合にも波及しそうだ。 4信金は1日にそれぞれ発表し、ともに2019年2月までの合併をめざす。比...

日経平均株価冴えない動き

【8月30日(水) 今日のマーケットニュース】 日経平均株価は20,000円を前後していましたが、北朝鮮がグアムにミサイル発射を計画していると警告した(29日の朝、北朝鮮がミサイル発射もありました)ところで、それまではある程度楽観的にみていた投資家が地政学リスクを意識しはじめました。また、トランプ大統領が起因で米国の政治が混乱している状況、日本でも安倍政権は以前より支持率を落としていてアベノミクスの今後の期待値も下がり気味です。 ...

8月の夏物商戦が不振

【8月28日(月) 今日のマーケットニュース】 8月26日の日本経済新聞朝刊によりますと東日本の太平洋側を中心に長雨の影響が大きく、8月の夏物商材の消費が低迷。 ビール類は市場全体で前年同期比1割減った見られている。家電量販店では好調だった6月から7月から販売に急ブレーキがかかった。今月第3週の「スポーツ飲料」は7月第3週に比べて37%減。「そうめん」は43%落ち込んだ。 第一生命経済研究所の永浜利広主席エコノミストに...

日経平均株価は20,000円前後で推移

おはようございます。株式会社プレミアバンクコンサルティング事業部の齋藤です。 【8月7日(月) 今日のマーケットニュース】 8月4日の日経新聞朝刊で、日経平均株価が20,000円台に乗せると、個人投資家は「売り」に回る。日経平均株価が20,000円台を回復した2015年4月から、20,000円台だと個人はほぼ一貫して売り姿勢とのこと。週末終値で20,000円台の週の売買を集計をすると売越額は3兆円を超えるとの事です。 ...

2017年上期の外国人投資家の買越額減少

おはようございます。株式会社プレミアバンクコンサルティング事業部の齋藤です。 【7月14日(金) 今日のマーケットニュース】 最近の日経平均株価は、20,000円台を挟み上下しております。 7/7の日経新聞朝刊に2017年上期(1~6月)の外国人の買越額が4,762億円となり、2016年下期(7月~12月)からほぼ半減したとのことです。 外国人投資家の売買動向が注目されるのは、日本株式市場は外国人投資家が売買の6...

米欧は金融政策正常化の方向に

おはようございます。プレミアバンクコンサルティング事業部の齋藤です。 【7月13日(木) 今日のマーケットニュース】 6月27日に、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が「デフレの力はインフレの力に置き換わった」と発言。 アメリカに続き、ヨーロッパも金融引き締めに動くのではと市場関係者を驚かせました。一方、7月7日に6月のアメリカの雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数の伸びが前月比で市場予想(約17万人増)を上回る22...