近藤

骨粗しょう症に新薬…年1回の点滴で済み、骨折リスク低下

【12月13日(水) 今日のマーケットニュース】 横浜市の主婦(75)は約2年前、背骨を折り、骨が弱る「骨粗しょう症」と診断された。 その後も骨折が続き、腰の痛みで歩くのも困難になった。毎週の通院で骨を強くする薬を使い、楽に歩けるようになった。 昨年発売された年1回の点滴で済む新薬に替えると、通院の負担も減った。 手足の骨の端や背骨は、内部がスポンジのような網目状構造で周りを硬い骨が覆う。 骨を造る細胞と壊...

認知症リスク高める9因子 英医学誌が改善可能と指摘

【12月12日(火) 今日のマーケットニュース】

中年期に聴力低下がある人は認知症リスクが2倍

2015年の全世界の認知症患者は4700万人で、2050年までにその数は約3倍に増えると予想されています。現時点では、認知症を治癒に導くことができる治療法はありません。 認知症を発症するリスクは年齢が上昇するにつれて高まりますが、ライフスタイルを改善すれば、リスク低減は可能...

ヤフオク、メルカリに反撃 商品買い取りですぐ現金化

【11月27日(月) 今日のマーケットニュース】 ヤフーは20日、ネット競売の「ヤフオク」で商品の買い取りサービスを始めた。利用者がすぐに現金化したい商品を提携先の店などで買い取る。 20年近くネットの個人間取引市場を独占してきたヤフーだが、最近はフリマアプリのメルカリ(東京・港)が牙城を侵食。メルカリに触発された参入も相次ぐ。手数料減少などリスクを伴う新機能で主導権を取り戻せるか。 新サービスは「カウマエニーク」で、...

退職後の健康保険、どうすればおトク?

【11月20日(月) 今日のマーケットニュース】 働いているときは、健康保険について「特に、気に留めていなかった」という方が多 いのではないでしょうか?  それもそのはず、入社したら会社が「健康保険被保険者証」(保険証)を用意してくれ、病気になったときは病院の窓口に保険証を出して受診する、くらいだったかもしれませんね。 しかし、会社を辞めると、自分で手続きをしない限り無保険状態になってしまいます。 つまり、病院に行...

ボーナスで外貨投資に挑戦 金利は円預金の比ではない

【11月13日(月) 今日のマーケットニュース】 この時期、冬のボーナスをどうするか考えている人は多いでしょう。 「住宅ローンの繰り上げ返済」はマイナス金利の今も変わらず有効ですが、それ以外の「攻めの運用」としては外貨投資が一つの手だと思われています。商品としては外貨預金や外貨MMF、外国為替証拠金(FX)取引などです。 1年定期は最も有利な銀行でも0.3%程度。残念ながら預けて増やすという水準ではありませんが、外貨預...

石鹸は乾燥させる!1円でも貯めたい人のための節約術

【10月25日(水) 今日のマーケットニュース】 今年は天候不良の影響もあり、野菜の価格が急騰したり、かつお節やオリーブオイルなどの値上げも予定されていたりと、家計を物価高が直撃しています。 (1)何にお金を使っているか、支出を“見える化”する(家庭でいえば、家計簿をつけたりするなど) (2)原材料などを安い価格で購入する。 (3)使っている量を減らす、使うのをやめる。 (4)節約のモチベーションを維持する。 ...

配偶者控除、来年から見直し103万の壁は150万に

【10月24日(火) 今日のマーケットニュース】 専業主婦やパートで働く主婦がいる世帯の税金を減らす「配偶者控除」が2018年から見直されます。 女性の就労を阻害するといわれたこの制度はどう変わり、いわゆる「103万円の壁」はどうなるのでしょうか。 現在の制度では妻の年収が105万円を超えると控除額が減り始めます。 税負担が重くなる年収の境目として103万円の壁という言葉をよく聞きますが、厳密には105万円が境目だっ...