松本

制度改悪に備える家族の介護(Ⅰ)

老いは誰しも避けては通れません。介護保険制度は、体が衰えていくシルバーエージが自分らしく生きるために整えられた「共助」の制度です。 ところが今、国がどんなに美辞麗句を並べても、利用者には「改悪」としか言いようのない制度改革が進んでいます。5月、改正介護保険法が参議院本会議で成立しましたが、衆参両院の審議時間は過去最低でした。 「介護保険制度が崖っぷちまで追い詰められた事が透けて見える」この改正に警鐘を鳴らしています、実際8月...

個人を狙う「フィッシング」

サイバー攻撃で狙われているのは企業だけではありません。 本物のサイトを装った偽サイトで個人からクレジットカード情報などを盗む「フィッシング」と呼ばれる詐欺行為も増えています。 フィッシングとは、ご存知のように特定のブランド名をかたり、本物のサイトを装った偽サイトに誘導してIDやパスワード、クレジットカード番号などを入力させたり、金融機関を装ったメールを送り付け、口座番号などの個人情報を入力させて盗み取る詐欺行為のことです。 ...

サイバー攻撃により標的にされる日本企業

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【6月28日(水) マーケットニュース】 サイバー攻撃はもはや、対岸の火事ではなく、2016年に被害が急増し、17年も猛威を振るい続けており、日本企業は明らかに標的にされています。 6月末、ネット証券のウェブサイトで、異常なトラフィック(一定時間内に通信回線を流れるデータ量)が検知され、トラフィックが集中し過ぎたことで、ウェブサイトへのアクセスが出来なくなり、同時...

金融庁、金利急変動に備え地銀対策の新規制

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【6月28日(水) マーケットニュース】 金融庁が地方銀行を対象に、金利の急変動に備えてリスク管理を徹底する新規制を準備しているとの報道がされています。 国債など債券の運用についての規制案については今月上旬に報じられましたが、「融資や預金」も新規制の対象になる見通しとされています。 新規制は地銀を対象に2018年度から適用され、国債運用への依存を改めさせて、...

「耳」を持つA Iブーム到来

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【6月27日(火) マーケットニュース】 AIに話しかけると、適切な対応をしてくれる、こうした「耳」を持つA Iを搭載したスピーカーが米国でブームになっていて日本企業はどう対抗していくのか注目されています。 「音声A Iの技術は一段と高まり、スマートフォンはパーソナルアシスタントへと生まれ変わる、多少活舌が悪くても、訛った言葉でも認識してくれる」として先月、都内で...

関西流企業の強さとは

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【5月23日(火) マーケットニュース】 関西地方で何気なく話されている関西弁、そこには関西流経営の極意が詰まっているといわれています。 関西の経営者は「あまのじゃく」が多いとのこと、常識や成功体験などはすべて「過去」から生まれたもので、変化が起きる時代には、過去の経験を踏襲すると失敗する事が多いという考え方からそのように言われている様です。 「間違っても良...

ガス自由化「光熱費」争奪戦

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【5月22日(月) マーケットニュース】 昨年4月の電力小売り自由化に続き、今年4月から都市ガスの小売市場も自由化されました。利用者にとって選択肢が増えて料金を見直すメリットが得られるとされる一方で、事業者は、電力、ガス業界の垣根を越えた激しい戦いが始まっています。 最も激しい戦いになるとみられているのが、東京ガスの供給エリアである関東圏といわれており、東京電力ホ...

誰もが出来る「復興支援」とは

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【5月19日(金) マーケットニュース】 東日本大震災から丸6年が過ぎ、南三陸町など「復興」を合い言葉に力強く新しい町づくりが進んでいます。 今年3月オープンした「南三陸さんさん商店街」は、ひときわ活気を帯びて、地域の台所や暮らしを支える衣食住用品が充実し、観光客にも人気を集めています。 又、先頃復活した志津川湾観光船「第三はまゆり」でリアス式海岸を巡ること...

続く地銀の地域内再編、次は新潟第四銀・北越銀が統合へ

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【4月4日(火) マーケットニュース】 地方銀行の再編ラッシュのみならず、同じ都道府県内の地銀同士が経営統合を目指すという新たな潮流が生まれています。 昨年2月に統合の基本合意を発表した長崎県の案件から、今年に入って三重県・大阪府と続き、次は新潟県にその波が押し寄せ様としています。 新潟県で最大手地銀の第四銀行(新潟市)と2番手の北越銀行(長岡市)が経営統合...

もやしと株価&景気、意外な関係

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【4月3日(月) マーケットニュース】 「景気」と「もやし消費額」の興味深い関係、もやしの消費額は生鮮野菜の価格上昇が最もひどかった昨年11月に飛躍的な伸びを記録するなどなど、もやしには景気が悪くなるとブームが起こり、景気が良い時には人々の手が伸びなくなるという傾向にあるとの事で、株価との関係も小さくなく、日経平均株価が7,000円台まで下落した2003年や、リーマン・...