松本

関西流企業の強さとは

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【5月23日(火) マーケットニュース】 関西地方で何気なく話されている関西弁、そこには関西流経営の極意が詰まっているといわれています。 関西の経営者は「あまのじゃく」が多いとのこと、常識や成功体験などはすべて「過去」から生まれたもので、変化が起きる時代には、過去の経験を踏襲すると失敗する事が多いという考え方からそのように言われている様です。 「間違っても良...

ガス自由化「光熱費」争奪戦

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【5月22日(月) マーケットニュース】 昨年4月の電力小売り自由化に続き、今年4月から都市ガスの小売市場も自由化されました。利用者にとって選択肢が増えて料金を見直すメリットが得られるとされる一方で、事業者は、電力、ガス業界の垣根を越えた激しい戦いが始まっています。 最も激しい戦いになるとみられているのが、東京ガスの供給エリアである関東圏といわれており、東京電力ホ...

誰もが出来る「復興支援」とは

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【5月19日(金) マーケットニュース】 東日本大震災から丸6年が過ぎ、南三陸町など「復興」を合い言葉に力強く新しい町づくりが進んでいます。 今年3月オープンした「南三陸さんさん商店街」は、ひときわ活気を帯びて、地域の台所や暮らしを支える衣食住用品が充実し、観光客にも人気を集めています。 又、先頃復活した志津川湾観光船「第三はまゆり」でリアス式海岸を巡ること...

続く地銀の地域内再編、次は新潟第四銀・北越銀が統合へ

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【4月4日(火) マーケットニュース】 地方銀行の再編ラッシュのみならず、同じ都道府県内の地銀同士が経営統合を目指すという新たな潮流が生まれています。 昨年2月に統合の基本合意を発表した長崎県の案件から、今年に入って三重県・大阪府と続き、次は新潟県にその波が押し寄せ様としています。 新潟県で最大手地銀の第四銀行(新潟市)と2番手の北越銀行(長岡市)が経営統合...

もやしと株価&景気、意外な関係

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【4月3日(月) マーケットニュース】 「景気」と「もやし消費額」の興味深い関係、もやしの消費額は生鮮野菜の価格上昇が最もひどかった昨年11月に飛躍的な伸びを記録するなどなど、もやしには景気が悪くなるとブームが起こり、景気が良い時には人々の手が伸びなくなるという傾向にあるとの事で、株価との関係も小さくなく、日経平均株価が7,000円台まで下落した2003年や、リーマン・...

ブラジル食肉問題、加工会社3社にリコール

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【3月31日(金) マーケットニュース】 ブラジルの国家消費者局は、同国の経済に打撃を与えている食肉不正問題に関わったとされる国内の食肉加工会社3社の製品のリコールを命じました。 消費者局は声明で、南部パラナ州にある食肉加工会社、ソウザ・ラモス、トランスミート、ペシンの3カ所の工場は「5日以内」にリコールを開始するよう命じています。 今回のリコールは農牧・食...

銀行のカードローンに金融庁がメス

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【2月23日(木) マーケットニュース】 「金融庁として、銀行カードローンの在り方について、これから各行と議論していきたい」銀行首脳との会合の場において、銀行の監督官庁である金融庁の幹部はそう宣言しました。 金融庁がやり玉に挙げたのは、銀行が個人向けに無担保で融資を行うカードローンです。企業向け融資と比べると、融資貸出金額こそ小口ですが高めの金利が設定されています...

「金融機関の合併・統合は選択肢の一つ、収益力が課題」

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【2月22日(水) マーケットニュース】 黒田日銀総裁は、都内で講演し、低金利環境の長期化による預貸金利ざやの縮小などを背景に金融機関の収益力低下への対応が世界的にも課題になっているとして、収益力の向上に向けた金融機関の合併・統合は選択肢の一つになり得ると語りました。 総裁は、金融危機後の低成長・低インフラからの脱却を図るため、多くの先進国の中央銀行が実施した「極...

標準利率改定で保険料アップ

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。 【2月21日(火) マーケットニュース】 「支払った保険料の総額が保険金額を超えるなんて、もう終身保険とはいえない」生命保険会社の幹部が嘆いています。 通常、終身保険といえば、支払う保険料よりも大きな保証(保険金)が得られるものですが、今保険業界では、そうした常識が覆るような事態が起こっています、理由はかつてない低金利にあります。 今年4月、長引く低金利を反...

ASEANへ企業投資活発に 経済共同体発足一年

【1月12日(木) マーケットニュース】 おはようございます。プレミアバンクの松本です。 東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟する10カ国(フィリピン・インドネシア・シンガポール・マレーシア・カンボジア・ブルネイ・ベトナム・ミャンマー・タイ・ラオス)が単一市場の実現を目指す経済共同体(AEC)が発足してから昨年末で丸一年が経過し、高い経済成長率や安く豊富な労働力への期待を背景に、日本をはじめとする外国企業から投資を呼び込み、域...