セブン&アイ、営業最高益 3~5月815億円、商品見直し効果

皆さんおはようございます。プレミアバンクの真山です。

【19日(金)マーケットニュース】

セブン&アイ・ホールディングスの業績が拡大している。連結営業利益は2015年3~5月期に815億円と前年比約5%増え、3~5月期として3年連続で過去最高益となった。

消費回復に加え、商品を機動的に見直した効果で、コンビニエンスストア事業の好調が続いている。

米国コンビニ事業の利益も伸びた。ピザなどの販売が好調で、円安も寄与した。日米を合わせたコンビニ事業の営業利益は660億円程度と1割強増えた。

ここでもセブン&アイ・ホールディングスの商品設計と店舗運営における「改善」文化が支持され、結果に表れている。


◆日経平均 20176.53(+185.10)(18日終値)
◆NYダウ 18115.84(+180.10)(18日終値)
◆外国為替相場 ドル円123.02 ユーロ円139.91 
(18日9:30)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)