VW問題とスズキ自動車のリスク回避

おはようございます!プレミアバンク熊谷です。

【9/29(火) マーケットニュース】

VWの不正ソフトを使用しての排ガス規制テストの問題が、世界のマーケットに於いて激震が走っています。今回の騒動を受けて想起されるのはつい先月VWとの資本提携を解消したスズキ自動車事件です。

VWの不正を知った今となって考えるとスズキはVWの不正に気付いていた、或いは確信はなくてもきな臭さ感じていたのではないかと感じられます。VWからの違約金の請求のリスクを取ってまでVWとの提携解消を断行した鈴木会長の彗眼が光っています。

8月30日に提携解消、9月19日にVWが不正を認めるという時系列になっていますが、スズキ側としては致命的なダメージがスズキ側に波及する前に危うく離脱した形となりました。今回の問題でVWの株価は先日、3日連続で20%下落して当初の半値まで暴落しており、世界的に影響が出ています。

スズキ自動車は新興国のマーケットで将来性を期待されており、他の自動車メーカーが提携をしたがっている状態で引く手あまたです。将来的な成長という観点から今後のスズキ自動車の動向が気になります。


●日経平均株価 17179.57(9:10)
●NYダウ 16001.89(6日終値)
●米ドル/円 119.62円 ユーロ/円 134.58円
(7日9:10)


◆メルマガ会員限定!藤田観光グループ「クラブフジタ」宿泊券プレゼントキャンペーン!!
URL:http://premierbank.jp/news/2015/0902.html

◆メルマガ登録はこちらからどうぞ
URL:http://premierbank.jp/magazine/index.php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)