新規公開(IPO)株について

おはうございます。株式会社プレミアバンクの末廣です。

【8月24日(月) マーケットニュース】

21日のマーケットニュースで2015年11月4日に控えた郵政グループの株式上場について触れました。第二のNTTと話題の大型案件です。このような新規公開株(IPO)の個人投資家の購入はなかなか難しくなっています。購入についてポイントをまとめました。

●主幹事を務める証券会社を選ぶ
主幹事を務める証券会社は、全体の7~8割を売る権利を持っています。この証券会社の当選枠が広くなります。

●平等に抽選してくれる証券会社を選ぶ
実はIPOは優先的に当選させてもらえる大口投資家がいます。
しかし大口の投資家と分け隔てなく、抽選してくれる証券会社もあります。

●複数の証券会社から申し込む
これは同時に何社か抽選してもらうことで当選率があがります。

あれほど騒がれたNTT株も今は落ち着いていますので、需給のクセを知り見極めましょう。


●日経平均株価18993.25 (24日 9:27)
●NYダウ16,459.75  -530.94 (21日 終値)
●米ドル/円121.661 ユーロ/円138.413(24日 09:28)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)