認知症リスク高める9因子 英医学誌が改善可能と指摘

【12月12日(火) 今日のマーケットニュース】

中年期に聴力低下がある人は認知症リスクが2倍

2015年の全世界の認知症患者は4700万人で、2050年までにその数は約3倍に増えると予想されています。現時点では、認知症を治癒に導くことができる治療法はありません。

認知症を発症するリスクは年齢が上昇するにつれて高まりますが、ライフスタイルを改善すれば、リスク低減は可能であることが、近年分かってきました。

そこで、「Lancet」の認知症予防・介入・ケアに関する国際委員会は、認知症の危険因子に関するデータを収集し、それらの中から、「本人が意図すれば改善できる認知症の危険因子」を9つ抽出しました。

さらに、それらを適切に修正すれば、社会全体として、どの程度認知症患者を減らせるのかを推定しました。

認知症のリスク低減において重要と見なしたのは、「11~12歳までに教育が終了」「高血圧」「肥満」「聴力低下」「喫煙」「抑うつ」「運動不足」「社会的孤立」「糖尿病」の9つの危険因子です。

人生のどの時期に修正する必要があるのかに基づいて、小児期、中年期、高年期に分けて、相対リスクと人口寄与割合(その危険因子を持つ人がいなくなったら、認知症患者が何%減少するかを表す数字)とともに提示しました。

それぞれの危険因子の「人口寄与割合」を合計すると、9つの危険因子の全てを排除できた場合、認知症患者は最大で35%減らせる可能性があります。

人口寄与割合の大きさに基づいて特に改善に力を入れるべきなのは、全ての人が11~12歳以上になっても教育を受けられるようにすること、中年期の聴力低下を全て治療すること、高齢者全員が禁煙することの3つと考えられました。

自己管理により生活習慣を見直すことは重要です。まずは日々の生活を見つめ、できることから改善していきましょう。

執筆者:コンサルティング事業部 近藤

●日経平均株価:22,954.43 +16.26(12日9:58)
●NYダウ:24,.386 +56.87(11日 終値)
●米ドル/円:113.55 ユーロ/円:133.68 (12日 9:53)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)