歩けば還付金、保険料割安、特典…健康ならメリットが大きい保険が続々

【11月8日(水) 今日のマーケットニュース】

運動や健康的な食事でメリットが得られる「健康増進保険」の開発・販売が活発だ。東京海上日動あんしん生命保険はウオーキングでインセンティブが得られる保険を業界に先駆けて発売した。

ネオファースト生命保険は健康診断データから割り出した「健康年齢」を基に保険料を算出する保険を業界で初めて投入した。

運動の中でも基本的な“歩くこと”に着目し開発したのが、東京海上日動あんしん生命の医療保険「あるく保険」だ。

ウエアラブル端末とスマートフォンを使い、契約者の歩数を記録。加入後2年間の平均歩数が1日8000歩を超えると、3年目に還付金が支払われる。一部の「ドコモショップ」や全国の保険ショップで販売している。

ネオファースト生命は健康診断の数値などを基に「健康年齢」を算出し、それに従って保険料を決める保険「からだプラス」を発売した。

加入時は実際の年齢に基づき保険料が決まるが、3年ごとの更新時に健康年齢を適用。実際の年齢が40歳でも、健康年齢が35歳なら保険料はその分割安になるため、契約者が自ら健康に気を付けて行動するようになる仕組みだ。

(記事引用・参考元:ニュースイッチ)

保険会社の一般的な収益は、契約者から集めたお金を運用することで得る利益です。そのため、保険金の支払いや解約がない限りは、莫大なストックとしてお金を保有・運用することができるため、保険金を支払わない・返金しない仕組みを作る必要があるという本音があります。

しかし、契約者が健康を増進することで体にもお財布にも優しくなる今回のような保険は、これからの長い将来を考えれば決して損はない保険と言えるのではないでしょうか。

普段はなかなかダイエットをやろうと思ってもできないことが多いですが、体に気を遣って健康になって、かつ、保険料も安くなる・還付金がもらえるとなれば、モチベーションも変わってくると思います。

「保険=難しい」というイメージがあり敬遠しがちですが、ユニークな保険やお得な保険も様々ありますので、お時間がある時に保険の見直しや情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

執筆者:コンサルティング事業部 松岡

●日経平均株価:22,778.75 -159.55 (8日9:36)
●NYダウ:23,557.23 +8.81(7日 終値)
●米ドル/円:113.68 ユーロ/円:131.81(8日 9:36)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)