次期議長、パウエル氏有力、FRB人事、来月2日発表へ

【11月2日(木) 今日のマーケットニュース】

トランプ米大統領が米連邦準備理事会(FRB)の次期議長に、ジェローム・パウエルFRB理事(64)を指名する公算が大きくなった。

トランプ氏は現体制の低金利政策を支持しており、FRB執行部で共和党主流派に唯一近いパウエル氏の起用に傾いた。同大統領は11月2日にFRB議長人事を正式に発表する見通しだ。

米メディアは30日、パウエル氏の起用が有力だと一斉に報じた。パウエル氏はもともと政治学や法律を専攻した弁護士で、2012年にオバマ政権下でFRB理事に指名された。

ブッシュ(父)政権で財務次官を務めるなどFRB高官で唯一、共和党主流派に近い。投資ファンド「カーライル・グループ」の共同経営者を務めた経歴もあり、トランプ氏が好むビジネス経験も豊富だ。

イエレン現議長は来年2月に任期が切れる。トランプ氏はイエレン議長の低金利政策を評価しており、同議長の再任も検討してきた。

一方で、ペンス副大統領ら共和党保守派が推すテイラー元財務次官の登用も視野に入れてきた。ただ、民主党政権で米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長などを歴任したイエレン議長は、人事の承認権がある上院を中心に、議会共和党が再任に反対する。

テイラー氏は利上げに積極的な「タカ派」とされ、低金利政策を重視するトランプ氏と相いれない。そのため、共和党主流派に近く現体制の低金利路線を支持するパウエル氏の昇格が有力になった。

イエレン議長の退任が決まれば、1期4年の異例の短命体制となる。

2017年10月31日 日本経済新聞 夕刊


いよいよ、FRB議長の決定が間近になってきました。イエレン議長の再任はなさそうですが、低金利政策を支持してきたパウエル氏が就任した場合には、マーケットには波乱はなさそうです。

マーケットと対話出来る方が望ましい。

マーケットに参加している投資家がおおむね予想している状況を把握し大きな影響がない範囲内で政策を決定していくことです。

もし、予想していないような政策を決定するとサプライズでマーケットが大きく動きます。

したがってもし、テイラー氏が就任した場合には、氏の考え方ですとテンポを上げて金利引き上げをしてくると思われます。この場合マーケットは緩やか金利上昇を予想していますので波乱は避けられないと思われます。

執筆者:コンサルティング事業部 齋藤

●日経平均株価:22,480.11 +60.03 (2日9:07)
●NYダウ:23,435.01 +57.77(1日 終値)
●米ドル/円:114.15 ユーロ/円:132.78 (2日 9:07)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)