アマゾン、留守中も宅内配達へ

【10月27日(金) 今日のマーケットニュース】

米インターネット通販大手アマゾン・コムは、留守中でも室内に配達するサービス「アマゾンキー」を米国で始めると発表した。

プライム会員を対象に、11月8日から一部の都市で開始する。

サービスの流れは、家に到着した配達員が荷物のバーコードをスキャンします。すると、インターネットに繋がっている玄関の鍵(スマートロック)が解錠され、監視カメラが作動して配達の様子を録画される。配達員は室内に荷物を置き、家から去るという仕組みである。

利用には対応するスマートキーとクラウドカメラが必要で、これらのセットの価格は250ドル(約2万8000円)。

執筆者:コンサルティング事業部 吉田

●日経平均株価:21,839.25(27日9:52)
●NYダウ:23,400.86 +71.40(26日 終値)
●米ドル/円:114.04 ユーロ/円:132.66 (27日 9:35)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)