お金の価値を減らさない

【10月20日(金) 今日のマーケットニュース】

お金の価値を減らさない

資産運用は、自身の保有する資産を、株式や投資信託など、価格変動リスクの大きい商品に投資するイメージが強いせいで「とりあえずの資産はあるから、大事にしてリスクを取ってまで増やしたいとは思わない、減らなければいい。」という声をよくお聞きします。

ここで、資産運用の本来の目的が重要になってくるのですが、それは、お金の価値を減らさない「資産保全」を念頭に置くことが大切になるということです。

資産保全とは、インフレ(物価上昇)に備えることで、たとえば、インフレ率が、年1~2%で推移するとした場合、1000万円の資産を保有していたとして、仮に10年後も資産が増減なく1000万円だったとすると、10%以上資産の価値は目減りしてしまうということに…。

つまり、見た目上はお金の増減がなくても、お金の価値は物価の上下によって増減するということなのです。

よく「インフレが長期的に続き物価が上がると預金金利も上がるのでは?」と言われますが、過去のインフレ(物価上昇)率と金利の推移を見ていくとそうとは言い切れないので、インフレ(物価上昇)率以上を運用目標としてポートフォリオを作成することが望ましいといえるのではないのでしょうか。

執筆者:コンサルティング事業部 中西

●日経平均株価:21,405.38 (20日9:20)
●NYダウ:23,163.04 +5.44(19日 終値)
●米ドル/円:112.56 ユーロ/円:133.34 (20日 9:20)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)