文在寅大統領、「平和」を30回以上連呼 平昌五輪への参加「想像すると胸熱くなる」

【9月22日(金) 今日のマーケットニュース】

韓国の文在寅大統領は21日、国連総会の一般討論演説で、北朝鮮が6回目の核実験を強行し、「激しい失望と怒りを抱かせた」と非難する一方、韓国の総合ニュースによると「平和」という言葉を30回以上連呼。外交的解決の必要性を強く訴えた。

文氏は、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議を徹底的に履行し、新たな挑発行為にはさらなる措置が必要だと指摘。一歩で、「過度に緊張を激化させたり、偶発的な軍事衝突で平和が破壊されたりしないよう安定した対応が求められる」と述べ、「北朝鮮の(体制)崩壊は望まず、吸収統一も推進しない」従来の立場を繰り返した。

また、来年2月開催の平昌冬季五輪について「開会式で入場する北朝鮮選手団や熱烈に歓迎する南北合同応援団、世界の人々の明るい顔を想像すると胸が熱くなる」と述べ、北朝鮮の参加実現に向けて強い意欲を表明した。

記事引用元:産経ニュース

これだけ客観的な事態は戦争へと動いてしまっている中で、五輪が開催される見通しが立てば、開戦危機は最低でも五輪終了後まで伸びる可能性も高まるので、その間に何か打開策を練って最悪の事態は避けていって欲しいところですね。

執筆者:コンサルティング事業部 松岡

●日経平均株価:20,385.79 (22日9:30)
●NYダウ:22,359.23Price -53.36(21日 終値)
●米ドル/円:112.43 ユーロ/円:134.23 (22日 9:31)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)