仮想通貨が定着するかどうかという点について

【9月19日(火)今日のマーケットニュース】

何かと話題の仮想通貨。特に仮想通貨の中で一番メジャーなのがビットコインで、その高騰ぶりは世間のニュースとして広く知られることになりました。

では、仮想通貨が定着するかどうかという点を考えてみます。

たとえばアマゾンがビットコインを「買収」して、アマゾン経済圏の中にビットコインを取り込んでしまえば、広がる可能性はあると思います。

たしか、日本国内ではビックカメラや丸井が、ビットコインの決済を試験運用しているのですが、こうして決済に使えるところが増えれば、徐々に環境は改善されていくと思います。

現実に、ビットコインを使えるECサイトや実店舗は年々増加していきています。

世界一のECサイトであるAmazonは、アメリカでのビットコイン決済は対応しているものの日本ではまだ対応していません。しかし、ビットコインでAmazonギフト券を購入することができるので、間接的に使うことがすでにできます。

とはいえ、ビットコインのような仮想通貨がどんどん使われるようになり、流通量が増えれば増えるほど、中央銀行が金融政策を行う際に通貨の総量を把握できなくなり、管理不能な状態に陥ることを懸念しています。

仮想通貨が「リアル通貨」として認められるには、たとえばビットコイン建ての債券などが発行されて、金利が付くようになってからの話だと思います。

資金調達まで仮想通貨で可能になれば、確かに仮想通貨も「得体の知れない何か」から脱して、より実感を伴ったものになっていくとも考えられます。

しかし、現状はアーリーアダプターと呼ばれる、感度の高い人たちが集まっているだけで、これが一般化していくには、まだ相当の時間を必要とするのではないでしょうか?

最後に仮想通貨は、送金機能が大きな魅力だと思います。低いコストで送金できるようになりますから、それが普及したら、いよいよ銀行は収益の柱を失い、存在意義をまた1つ失うことになるでしょう。

経営の苦しくなった銀行は破綻に追い込まれるか、業界統合に向けての動きが活発になるかもしれませんね。今後の仮想通貨の動きに注目されそうですね。

執筆者:株式会社プレミアバンクWEB制作部

●日経平均株価:20,173.46 +263.96 (19日10:00)
●NYダウ:22,331.35 +63.01(18日 終値)
●米ドル/円:111.43 ユーロ/円:133.32 (19日 9:40)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)