北朝鮮、ミサイル発射 北海道上空通過 グアム到達可能か

【9月15日(金) マーケットニュース】

おはようございます。alpb realty corporationの須藤順平です。

韓国や日本政府によると、北朝鮮は日本時間15日午前6時57分ごろ、平壌近くの順安(スナン)地区から北東方向へミサイルを発射した。日本政府によると、ミサイルは北海道上空を通過し、午前7時16分ごろ襟裳岬の東約2200キロの太平洋上に落下したと推定される。日米の要請を受けて、国連安保理は15日に緊急会合を開く予定となった。
韓国軍によると、ミサイルは高度約770キロに達し、飛行距離は3700キロとみられる。韓国軍は、米軍と共にミサイルの種類や発射の詳細を分析していると述べた。
米太平洋軍は初期の分析結果として、中距離弾道ミサイル1発を発射したという見解を示した。

2017年9月15日の早朝、北朝鮮は再度、日本の北海道を飛び越えるミサイルを発射しました。8月29日に発射された弾道ミサイル「火星12型」からわずか2週間ほどしか経っていないのにもかかわらずです。

今回のミサイルは、飛距離3700キロということでしたので、この飛距離ならアメリカの領土であるグアムも狙える計算になります。北朝鮮の平壌からアメリカのグアムまでの距離は約3400キロしか離れていません。

しかし、驚くことに今日の日経平均はプラスのまま終わろうとしています。今まではミサイルが発射された時の日経平均は全てマイナスになっていました。

これがどういくことかわかりますでしょうか。日本国民は北朝鮮のミサイルに慣れてきてしまったのではないでしょうか。「どうせ日本には当たらない」と思っているのでしょう。しかし、このような心理状態になった時が一番危ないと思います。

ミサイルが発射されてもだれも動じない。安倍首相は、「強く非難する」としか言わない。みんなが安心したころに株価の下落は起こるものです。

出典:http://www.bbc.com/japanese/41276037

BBCより(検索日:2017/09/15)

執筆者:alpb realty corporation Director 須藤順平

●日経平均株価:19,914.93 +107.49 (9/15 15:00)
●NYダウ:22,203.48 +45.30(9/14日 終値)
●米ドル/円:110.40 ユーロ/円:131.62 (9/15日 15:00)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)