JTがフィリピンたばこ大手マイティーの資産を買収、約1048億円

【8月23日(水)マーケットニュース】

日本たばこ産業(JT)は22日、フィリピンのたばこ大手たばこメーカー、マイティー・コーポレーションのたばこ事業に関わる資産の買収で合意したと発表した。

買収額は468億フィリピンペソ(約1048億円)。

JTは、強固な事業基盤を確立し、力強い経済成長を続けるフィリピンで、たばこ市場の4分の1以上のシェアを獲得することになる。

日本国内の紙巻きたばこ市場の縮小が加速する中、JTは新興国を含めた海外市場を強化しており、フィリピンなどを将来成長性が見込める市場と位置付け投資を拡大している。

同社は4日に、インドネシアのたばこメーカーと流通・販売会社を6億7700万ドル(約749億円)で取得することで合意したと発表している。

執筆者:最高執行責任者(吉田哲郎)

●日経平均株価:19,509.49(23日9:55)
●NYダウ:21,899.89 +196.14(22日 終値)
●米ドル/円:109.65 ユーロ/円:128.88 (23日 9:35)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)