セブン&アイ、アスクルと業務提携

【7月7日(金)マーケットニュース】

セブン&アイ・ホールディングスとアスクルは6日、ネット通販事業の強化で提携する方針を固めた。互いのネット通販サイトの在庫情報の共有や、共同運営サイトの立ち上げに取り組む。セブン&アイの井阪隆一社長は同日都内で開いた記者会見で、「セブン&アイとアスクルの強みを生かし、信頼を勝ち取る」と意気込みを示した。

記事引用元:日本経済新聞(最終閲覧日:2017年7月6日)
http://www.nikkei.com/

今回の業務提携では、セブン&アイが苦手な分文房具などのオフィス用品と、アスクルが苦手なエンタメ系や女性向けコスメの分野を相互補完する形での業務提携となる。

買い物に不便を感じている高齢者や働く女性のニーズに応えるべく、両社の強みを活かした新サービスを計画しているとのこと。

アスクルは今年2月に倉庫火災により、80%近くの大幅な減益により株価も大きく下落した。今回の業務提携により、大幅な巻き返しを図るものとみる。

執筆者:メディア事業部 塚越

●日経平均株価:19,994.06 —– (7日 9:10)
●NYダウ:21,320.04 -158.13(6日 終値)
●米ドル/円:113.11 ユーロ/円:129.18 (7日 9:10)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)