ふじた医院、イチロー選手らが取り入れる初動負荷の運動施設

【7月4日(火)マーケットニュース】

医療法人の高樹会ふじた医院(香川県善通寺市)は、米大リーグのイチロー選手らが取り入れる「初動負荷トレーニング」の設備をそろえた施設を開いた。動作の最初だけに負荷をかけ、ひねりなどを加えたりする。関節の可動域を広げるほか、筋肉を柔らかくする効果があるという。ケガの予防やリハビリなどで利用してもらう。

開設した「ワールドワイドメディカルトレーニングセンターWING」は同医院に隣接する。初動負荷理論に基づく設備を取り入れた施設は県内唯一という。施設は会員制で入会金のほか、月1万円の会費が必要。

初動負荷はバイオメカニクス研究者の小山裕史氏が提唱する理論。最初から最後まで負荷をかけ筋肉を太く強くする従来のトレーニングとは異なり、筋肉と神経の働きの向上を目的とする。

出典:http://www.nikkei.com
産経新聞ニュースより(検索日:2017/07/04)

これから来る超高齢化社会のために、いま日本に必要不可欠な取り組みだと感じました。

今後は「初動負荷トレーニング」が香川県から全国へ広がっていくことを期待するとともに、健康運動の役割を再確認したいと思います。

執筆者:株式会社プレミアバンクWEB制作部

●日経平均株価:20,147.21 +91.411 (4日 9:30)
●NYダウ:21,479.27 +129.64(3日 終値)
●米ドル/円:113.25 ユーロ/円:128.78 (4日 9:30)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)