アカモクという海草

アカモクという海草をご存知でしょうか?
アカモクは北海道東部を除いて日本全国に生息している海草で漁業関係者の間では捨てられているような海草で、せいぜい畑の肥料に使われているものがほとんどでした。

しかし「海のゴミ」と呼ばれていた海草が「スーパーフード」ではないかと注目を集めてきています。
大学の教授が日本薬学学会で研究を発表をきっかけに色々な大学や研究機関で研究が進み、アカモクの一部の成分がわかめやメカブより圧倒的に多いことなどが判明しているみたいです。

しかし今まで捨てていたものを食べるのには抵抗ある方が多く知名度を上げるのに苦労していましたが、新しい食材に抵抗のない東京のおしゃれなレストランならば、ユニークな料理として取り扱ってくれるのではないのかという発想から東京のレストランで使われ始めました。

また東京で使われ始めると地元でも「東京のレストランで使われているユニークな食材」として有名になっていきました。

アカモクは環境にもいいし、漁業関係者にとってもいい副収入になるというありがたい水産資源として役所からのバックアップもあるということです。

日本は海に囲まれた国ですので、漁業の環境設備は大きな課題であります。今まで捨てていた海草がこれからは人の役に立つものになるのはとてもありがたいですね。

何気なく捨てていたものにも注意してみていくとなにか大きな発見があるかもしれませんね。

●日経平均株価:20,170.56 -59.85(21日 09:15)
●NYダウ:21,467.14 -61.85(20日 終値)
●米ドル/円:111.33 ユーロ/円:123.97 (21日 08:55)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)