青森県産ホタテ高騰

おはようございます。株式会社プレミアバンクの末廣です。

【6月15日(木) マーケットニュース】

青森県産のホタテ貝が記録的な高値となっており、加工業者は採算悪化に頭を抱えています。

値段高騰の背景には、今年は成長不良、西湾の一部ではへい死も増大などがあげられます。
過去最高の水揚げだった昨季より5割減の出荷ペースで今季計画量の進ちょく率は24%です。減産は免れないが、大半の漁業者は「平年並みの水揚げに戻る感じ」と捉えています。

県内の一部スーパーでは浜値の高騰を受け、活ホタテやボイルホタテが値上がりしており、消費者の買い控えの動きも出ています。

岩手県出身の私は、お中元やお歳暮にお隣の青森県の美味しい活ホタテを贈っており、気になるニュースです。

●日経平均株価:19,862.91 -20.61(15日 09:25)
●NYダウ:21,374.56 +46.09(14日 終値)
●米ドル/円:109.59 ユーロ/円:122.91 (15日 09:41)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)