「米粉新時代へ」日本農業に新たな希望

おはようございます。株式会社プレミアバンクの岩谷です。

【5月29日(月) マーケットニュース】

今、モデルのミランダ・カーさんやテニスのノバク・ジョコビッチ選手らの影響により、「グルテンフリー」というワードが健康や美容に感心の高い人々の間で話題となっています。

「グルテンフリー」とは、小麦粉などに含まれるグルテンをとらない食事療法のことです。そこで、小麦粉の変わりに米粉を使用することで米粉の需要が高まっているそうです。

グルテンとは、小麦粉に含まれるたんぱく質の一種で、弾力性と粘着性があり、パンを膨らませたり、うどんにコシを与えるなどの作用があります。一方で、腸内の悪玉菌を増やしたり、消化不良や吸収阻害、むくみなどの症状を引き起こす場合があるといわれています。

私達の生活の中でも、グルテンフリーをうたう商品は町のスーパーにも多く見かけるかとは思います。以前は違うパッケージでしたが「グルテンフリー」に変えただけでも、売り上げが伸びたと言います。これも「グルテンフリー」ブームの効果でしょう。そんな中、「日本米粉協会」の設立総会が開催されるなど、米粉に期待が集まっています。

日本農業に警鐘を鳴らす人が大勢いる中、日本農業に新たな希望になるといいですね。

●日経平均株価:19,644.32 -42.52(29日 9:25)
●NYダウ:21,080.28-2.67(26日 終値)
●米ドル/円:111.26  ユーロ/円:124.32 (29日 9:25)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)