ガス自由化「光熱費」争奪戦

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。

【5月22日(月) マーケットニュース】

昨年4月の電力小売り自由化に続き、今年4月から都市ガスの小売市場も自由化されました。利用者にとって選択肢が増えて料金を見直すメリットが得られるとされる一方で、事業者は、電力、ガス業界の垣根を越えた激しい戦いが始まっています。

最も激しい戦いになるとみられているのが、東京ガスの供給エリアである関東圏といわれており、東京電力ホールディングスと東京ガスとが真っ向から戦う形となりそうです。

そこに大手LPガス販売の日本瓦斯(ニチガス)が絡み、すでにニチガスによるガス自由化に際して、不適切な営業活動を行ったとして、経済産業省より指導を受けたと一部報道されています。

この様に、まだ自由化直後で、消費者が市場の仕組みなど十分理解出来ていないこともあり今後も垣根を越えた争奪戦が激化するとして、自分の生活スタイルをしっかりと把握した上でどの会社が最適なのかを考えるよう注意を呼びかけています


●日経平均株価:19,590.76 +0(22日 09:20)
●NYダウ:20,804.84 +141.82(19日 終値)
●米ドル/円:111.43 ユーロ/円:124.69(22日 9:00)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)