関西流企業の強さとは

おはようございます。株式会社プレミアバンクの松本です。

【5月23日(火) マーケットニュース】

関西地方で何気なく話されている関西弁、そこには関西流経営の極意が詰まっているといわれています。

関西の経営者は「あまのじゃく」が多いとのこと、常識や成功体験などはすべて「過去」から生まれたもので、変化が起きる時代には、過去の経験を踏襲すると失敗する事が多いという考え方からそのように言われている様です。

「間違っても良いからアイデアを練ってやってみる、失敗をとがめず、その経験から生まれた先見性や洞察力を基にして素早く決断していく」このスタイルは『ホンマかいな』の精神からだそうです。

何事もまずは疑ってみる、そんな健全な批判精神が『ホンマかいな』の裏にあるといわれているようです。

他には最も知られているのが『やってみなはれ』です、この言葉はチャレンジを言うのではなく、リスクを恐れて何もしないことを罪とする重い言葉で「自分で決めた事を覚悟と責任をもってやってみなさい」という深い意味を持った言葉として使われてきた様です。

そのため「やってみなはれ」は、社員の覚悟がこもった「みとくんなはれ」と対になっていて、言われる側にとっても覚悟が問われる重い言葉とされています。

他にも何気なく話されている関西弁、そこに関西流経営の極意が詰まった金言が多いといわれています。


●日経平均株価:19,667.50 -10.78(23日 09:30)
●NYダウ:20,894.83 +89.99(20日 終値)
●米ドル/円:111.01 ユーロ/円:24.81(23日 09:30)


Comments

  1. By Y.A

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)