米国株、ダウ反落、ゴールドマンが押し下げ、欧州政治に警戒も

おはようございます。株式会社プレミアバンクの川野です。

4月19日㈬ マーケットニュース】

18日の米株式相場は反落した。ダウ工業株30種平均は前日比113ドル64セント安の2万0525ドル28セント(速報値)で終えた。金融大手のゴールドマン・サックスなど四半期決算を発表した主力株の一角に売りが膨らみ、指数を押し下げた。

欧州政治の不透明感に対する警戒感が改めて強まったのも相場の重荷だった。

ゴールドマンが発表した2017年1~3月期決算は大幅な増収増益だったが、トレーディング部門の収益が伸び悩んだのを主因に1株利益など主要項目で市場予想を下回った。

四半期決算で売上高が市場予想に届かなかった医療品・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も売られ2銘柄でダウ平均を100ドル弱押し下げた。

英国のメイ首相は18日、欧州連合(EU)離脱推進に向けて総選挙を前倒し。6月8日に実施すると表明し反EUを掲げる政党が支持を集めているフランスで4月23日に第1回大統領選の投開票を控えていることもあり、欧州市場で主要な株価指数が軒並み下落したのも売りを誘った。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は、前日比7.317ポイント安の5849.471(速報値)で終えた。

アップルやグーグルの持ち株会社アルファベットなどが売られる一方、アマゾン・ドット・コムや米CATV最大手コムキャストなどが買われ、下落幅は小幅にとどまった。
        
出典:日本経済新聞ニュースより(検索日:2017/4/19)


●日経平均株価:18,372.85 +-45.74(19日 9:20)
●NYダウ:20,523.28 -113.64. (18日 終値)
●米ドル/円:108.60-61  ユーロ/円:116.51-55 (19日 9:04)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)