楽天ら、スマホ経由で野菜を栽培できる「ラグリ」を開始

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉田です。

【4月6日(木) マーケットニュース】

楽天とテレファームは4月5日、自宅にいながらスマートフォン経由で無農薬野菜を栽培できるサービス「Ragri(ラグリ)」を開始すると発表した。ラグリとはオーガニック野菜など、こだわり農作物を育てる生産者を、自分で選び、スマホで栽培・収穫できるサービス。

サービスの利用者は楽天会員IDでログインし、ほうれん草やスイートコーンなど育てたい作物と、生産地などから育ててもらいたい生産者を選択することができる。

リアルの畑と連動する“バーチャル畑”や、生産者から送られてくる写真やコメントで、作物が育つ過程を確認できる。利用者がバーチャル畑に水や肥料をあげたり、草とりなどの世話をしたりすると作物の状態を示す「元気度」が上がるようになっている。

同日に同じ作物を育てはじめた人たちの中で元気度が高い順に、より多くの収穫量を割り振られるようになっていますが、バーチャル畑の元気度が低くても各作物に設定している最低収穫量は届きます。

料金は、送料込みで月々1000~2000円(種・苗の料金と栽培料金)で、「楽天ペイ」で決済するため、そこで「楽天スーパーポイント」を貯めたり使ったりすることができる。

●日経平均株価:18,677.11 -184.16(6日 9:50)
●NYダウ:20,648.15 -41.09(5日 終値)
●米ドル/円:110.36 ユーロ/円:117.87 (6日 9:30)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)