世界の小売業ランキング Amazonが初のトップ10入り

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉田です。

【4月4日(火) マーケットニュース】

経営コンサルティング会社のデロイトトーマツコンサルティングは4月4日、全世界の小売企業の2015年度の売上高上位250社をまとめた「世界の小売業ランキング2017」を発表した。
250社のランキングのうちトップ3は昨年と変わらず、Wal-Mart Stores、Costco Wholesale、The Krogerの米国企業が占めている。
調査開始以来初めてAmazon.comがトップ10入りを果たし、オンラインリテーラーとして初めてトップ10入りした。日本企業でトップ250入りした企業数は30社あり、前年の28社から微増した。トップ100入りした日本企業のトップはイオン(14位)で、他は以下のようになっている。セブン&アイ・ホールディングス(20位)、ファーストリテイリング(67位)、ヤマダ電気(70位)、三越伊勢丹ホールディングス(90位)。

●日経平均株価:18,927.67 +117.42(5日 9:05)
●NYダウ:20,689.24 +39.03(4日 終値)
●米ドル/円:110.90 ユーロ/円:118.42 (5日 8:47)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)