東芝、決算発表を再延期 新たな期限4月11日

おはようございます。株式会社プレミアバンクコンサルティング事業部の柿本です。

【3月14日(火) マーケットニュース】

原子力事業での巨額損失に揺れる東芝は14日、この日を期限としていた2016年4~12月期連結決算の発表を2月に続いて再延期すると発表した。

金融庁に決算内容などを記した四半期報告書の提出延期を申請した。承認された場合の新たな提出期限は4月11日となる。

再延期は、米原子力発電子会社ウェスチングハウス(WH)を巡る内部管理体制の調査に時間がかかるためだ。決算を確定するには、内部管理体制が適正でなければいけない。東芝の綱川智社長が14日夕、記者会見を開いて説明する。

関係者によると、米原子力事業での損失額を確定させる中で、WHの経営者が従業員に対し、損失を少なくするよう圧力をかけたとの内部通報があった。東芝は当初の発表予定日だった2月14日を延期した上で、調査を進めていた。


●日経平均株価:19,618.72 -15.03(14日 12:57)
●NYダウ:20,881.48 -21.50(14日 12:57)
●米ドル/円:114.806  ユーロ/円: 122.305(14日 12:57)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)