富士通(働き方の自由化へ)

おはようございます。株式会社プレミアバンクの吉田です。

【3月1日(水) マーケットニュース】
 
富士通は2月28日、働き方改革の一環として「テレワーク勤務制度」を4月21日に導入すると発表しました。対象になるのは全社員約3万5000人です。グローバル化に伴って柔軟な働き方や、生産性の向上などが求められていることが背景にあります。「自宅やサテライトオフィス、出張先や移動中など、場所にとらわれないフレキシブルな働き方を可能にする」といいます。

 同社は2015年4月から一部の職場でテレワークを試験的に導入していました。「社外秘の情報を扱う業務は、カフェではしてはいけないが、自宅では許可する」というように、働く環境に応じてルールを検討するとのことです。

 制度導入に合わせ、シンクライアント端末、仮想デスクトップ、Web会議などのグローバルコミュニケーション基盤を整備し、「高い情報セキュリティを確保しながらテレワークができる環境を構築する」といいます。タイムリーな労働時間管理を行うため、PCやスマートフォンを活用した出退勤打刻の仕組みを進めてきました。

また、今後の取り組みとして「働き方改革推進委員会」を設置し、改革の進捗確認やさらなる推進検討を行うほか、AIを活用した生産性の向上の社内実践を進めるとしています。

●日経平均株価:19,303.60 +184.61(1日 9:22)
●NYダウ:20,812.24 -25.20(28日 終値)
●米ドル/円:113.03 ユーロ/円:119.41 (1日 9:04)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)