チョコレート消費

おはようございます。株式会社プレミアバンクの末廣です。

【2月15日(水) マーケットニュース】
「ゴディバ・ジャパン」社長ジェローム・シュシャン氏が就任以来、5年間で売上げを2倍にしたニュースがありましたが、日本のチョコレート市場は右肩上がりの成長を続けています。
総務省の家計調査によると、1世帯当たりチョコレートの消費金額は2007年が3628円、2015年は4755円と拡大しています。
女性を中心に、カカオポリフェノールやカカオプロテインへの関心が高まっている背景があります。

日本人になじみのある2大ブランドといえる、ロッテ「ガーナ」と明治「ミルクチョコレート」は1店舗あたりの月別の売上は、2月は販売個数が他月に比して3倍くらいになっています。

●日経平均株価:19,460.48 +221.50(15日 09:20)
●NYダウ:20,504.41 +92.25(14日 終値)
●米ドル/円:114.26 ユーロ/円:120.87 (17日 09:00)


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)