トランプ氏が日本の通貨政策を批判

おはようございます。株式会社プレミアバンクの川野です。

【2月1日㈬ マーケットニュース】 

トランプ米大統領は1月31日に「ここ数年日本がやってきたことを見ろ。通貨の切り下げだ。」と発言、安倍晋三政権が円相場を安値に誘導していると批判した。
日本は2011年11月の円売りドル買いを最後に為替市場に介入していない。この事から日銀の大規模金融緩和策に伴う円安進行を念頭に置いている可能性があり2月10日の日米首脳会談でも議題になると思われる。

 トランプ氏は「日本や中国は市場をもてあそび、通貨を切り下げている」と述べた。トランプ氏は会合で多くの企業が、
米国で医薬品を生産しなくなっているとも指摘している。米国以外のすべての国が通貨安による恩恵を受けている。「中国が行っていることや日本が何年間も行ってきたことに着目すべき」と主張した。

 トランプ氏は永久離脱を表明した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐっても、為替操作に関する取り決めがないことを問題視しているとのこと。米国の財務省では日中など6つの国や地域を為替操作の監視対象に指定している。


●日経平均株価:19,033.19 −8.15(1日 9:49)
●NYダウ:19,864.09 −107.04(31日 終値)
●米ドル/円:112.92-93 ユーロ/円:121.86-90(1日 9:29)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)